DATE JUST 日和

愛機ロレックスを守るカバン

今日は仕事次いでに、御殿場プレミアム・アウトレット | PREMIUM OUTLETS®へ行ってきました。

ここは初めての訪問で、1階建ての建物(お店)が数多く並んでいる感じでゆったりとした感じでショッピングを楽しむことができました。

今回の目的は、ロレックスを守るための仕事用カバンを探しにきました。

ロレックスを守るためのカバン?って何のこと?

仕事用ってことは、そもそも腕に付けている時計を仕事中にカバンに仕舞うの?

と思われることでしょう。

私は職業柄、毎日愛機ロレックスを仕事中できないことや、仕事の内容によっては手作業中に時計を壊すことを恐れ取り外すことがあります。

そこで万が一取り外した場合、ロレックスを守るための何かが必要ではと考えていました。

時計を守るための強固な専用ケースを買い、ケースを従来のカバンに仕舞っておくパターンと、強固なカバンを買い、ロレックスを心配なくカバンに仕舞っておけるパターンと、これは本当に悩みました。

専用ケースに入れてカバンに仕舞うパターンの場合、この専用ケース自体をどこかで忘れて紛失したことを考えると不安な面があります。その点では、強固なカバンの場合はカバン中にさえ仕舞っておけばそんな不安は解消されます。

そこで、兼ねがね考えていたカバンの条件は「強固な素材でできていること」と、「ビジネスでも使用できること」です。

話は戻り、御殿場プレミアムアウトレットのほうでお得に購入できなかと、カバン屋さん巡りのところ、ゼロハリバートンのカバンに目をつけました。

「ZERO」のロゴで、アルミニウム素材を扱うカバンメーカでずっと気にはなっていたメーカーです。ただ、普段使いでアルミのカバンって、抵抗がありますよね?

でも今回の目的は、ロレックスを守ることが私の中の第一条件ですなのです!

アウトレットでは、新商品でもお安くかえるのですが、ただ、欲しい商品が無いことや、現行モデルが比較的陳列していないことがあり、お気に入りを買えるのはタイミングと出会いがモノを言います。

しかし、今日だけは出会ってしまいました。

ZEROHALLIBURTON Geo Aluminum 3.0 AT アタッシェ
次世代ゼロハリバートンを代表する新アルミニウムモデルが、新たに『Geo Aluminum 3.0』 として誕生。
美しさと強度を引き立たせるダブルリブに、幾何学的で三次元的な変化を与え、構築的なフォルムを実現。旅を彩るラゲージで、今までにない極上の移動体験をご提供します。
・ 商品説明
A3サイズ対応のアタッシェケース。デイリーユースにふさわしい、ビジネスツールの収納に優れた内装が特徴です。フタ側には、B4サイズ収納もできるマチ付きポケット、ペン挿しの他、カードホルダーとしても便利なポケット。本体側はPC収納スペースになっており、ビジネスに必要な機能が充実しています。ハンドルは、自然に元の位置に戻る“オートリターン”ハンドルを採用。人間工学に基づいた設計で、優れたグリップ感が疲れを軽減します。ハンドル脇のラッチを開けて開閉し、ロックはお好きな3ケタの暗証番号を設定して頂く、ダイヤル式TSAロック。ラッチ、ビスに至るまで、全ての部材をオリジナルで開発するこだわりで、新しいゼロハリバートンを代表するアイテムとなりました。

外観は無敵感を思わせます
仕切り板で使い勝手もよさそうですね

ZEROHALLIBURTON Geo Aluminum 3.0 AT アタッシェ、というモデルのようで、手にしたとき、露骨で丈夫なところがカッコイイと思いました。もしロレックスと出会うことがなければ、目も向けなかったカバンであることは間違いありません。

こちらは現行モデルということで言うことで更に改良済のことで納得です。アウトレット品扱いのため通常の新品保証はありませんが、この強固さからもカバン自体も故障することはないことでしょう。アウトレット品でも十分と判断しました。そして、素材も航空機などで扱っている特殊なアルミニウムを採用しており言うことありません。

しばらく使ってみて、またブログのほうで使用した感想なども追って報告できればと思います。

こいつなら、必ずロレックスを守ってくれることと思います。

リブの入り方もカッコイイですね
ロゴもカッコイイですね

関連記事

  1. ロレックス値上がりします。【価格改定情報】

  2. 【速報】ロレックスSSモデルを対象に購入制限が始まります

  3. 尾張国一宮 真清田神社へお散歩

  4. 東山動物園(名古屋)へお散歩ジャスト

  5. 台風にも負けないロレックス

  6. (都市伝説)ボンバーマンの生みの親はロレックス愛好家

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP