DATE JUST 日和

【速報】ロレックスSSモデルを対象に購入制限が始まります

2019年11月より、国内ロレックス正規店では、特に人気がある一部のSSモデル について購入制限と言う名の転売屋対策と思われる対応が開始されるようです。

詳しくは、11月より一部のSS製ロレックス製品の購入に関しては本数制限があり、同一モデルは5年間、人気モデルは1年間の購入制限が掛かります。 それに伴い同意書の記入と身分証明書(写真付?)の提示が必要になるとのこと。 百貨店を含む全国正規代理店で実施の内容とのことです。

購入制限対象モデルは、推測ですが以下の12モデルと思われます。

  • デイトナ白  116500LN
  • デイトナ黒  116500LN
  • ディープシー 126660
  • ディープシーⅮブルー 126660
  • シードゥエラー 126600
  • サブマリーナー  114060
  • サブマリーナーデイト黒 116610LN
  • サブマリーナーデイトグリーン 116610LV
  • GMTマスターⅡ 黒青(ジュビリ)116710BLNR
  • GMTマスターⅡ 青赤(ジュビリ)126710BLRO
  • エクスプローラーⅠ 214270
  • エクスプローラーⅡ 216570

デイトナやGMTマスターⅡの色違いを選ぶ場合は欲しい色の一択で絞るのか、妥協して色違いを購入して5年間は正規店での購入を待つのか、など悩ましい選択を余儀なくされることになります。

他のSSモデルとしては、ヨットマスター、ミルガウス、エアキング、スカイドゥエラーなどは対象外となる模様ですが、お店によって異なることもあり得るため不明です。個人的に愛しているデイトジャストは対象外であることは確認済です。もし愛機のデイトジャストが全損や盗難により、制限対象のため5年間は買いなおすことができないと思うと、デイトジャストは対象外で本当に良かったと思います。

また、訪日の方にも販売しないとの情報も入っております。そうなると、国内向けの流通が多くなり、人気モデルを店頭でお目に掛かる機会も増えるように思われます。 しかし、人気モデルを店頭に陳列した場合のことを考えると、お客さまにより、売れる人と売れない人があると問題となりそうで、もしかすると、現状のまま人気モデルは陳列されることなく、店員との会話の中で商品を紹介するスタイルは変わらないようにも思えます。

日本ロレックスも大きな政策を打ち出しましたが、店頭で欲しいモデルを買うチャンスに巡り合えないロレックスファンとしては、これは嬉しい一報として受け止めることができそうです。今後の動向が気になることと、お店へ出向く楽しみも増えそうですね。

サブマリーナも店頭に並ぶ日が

関連記事

  1. スターバックスでのロレックスあるある

  2. 台風にも負けないロレックス

  3. (都市伝説)ボンバーマンの生みの親はロレックス愛好家

  4. ロレックス増税後の価格改正

  5. あの並行店の?ロレックス価格が気になります

  6. 伊奴神社(いぬじんじゃ)へ御参拝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP