ROLEXの魅力

スカイドゥエラーなしでは語れない

下の動画を見てください。これぞロレックスの技術力と洗練さの結晶です。

14件の特許を採用した技術の結晶ともいえるロレックス スカイドゥエラーは、世界を旅する旅行者が一目で時刻を確認するために必要な情報を提供している。2012年に発表されたスカイドゥエラーは、最先端技術と使いやすさを見事に融合させた革新的なデザインを誇る逸品である。

ロレックス正規店HPより

スカイドゥエラーの存在を知ったのは、私が初めてロレックス正規店へ行ったときのこと。

今まで見たことの無いデザインの時計(ロレックス)があり、帰宅後にネットで検索してみたところ、それは「スカイドゥエラー」と言う時計であることを知りました。

俗にいう万年時計であり、動き方の構造や操作方法においても、ギミック感が半端無い時計であることを、知れば知るほどにスカイドゥエラーの洗練された機械仕掛けの時計についての興味度は膨れ上がるばかりでした。

主に、スカイドゥエラーは3つの機能を備えています。

第2タイムゾーン

2つのタイムゾーンを同時に表示。ローカルタイムは従来のセンターの時針と分針、秒針で表示する。時針を単独で1時間ずつ調整できる機構により、素早く、かつ容易に時刻を合わせることができる。そのため、分や秒、またはホームタイムに影響を与えることなくローカルタイムを変更することが可能だ。その間も時計は動き続けるため、精度が保たれる。旅行者は居住地や勤務地などのホームタイムをオフセンターの回転ディスクから読み取ることができる。

ロレックス正規店HPより

2つのタイムゾーンを持つ代表としては、GMTマスターを思い浮かべるでしょう。GMTマスターではホームタイムの時刻はGMT針が数字(時刻)を指していますが、 スカイドゥエラーでは、針とは違い、センターに配置する回転ディスクが指す位置で時刻を読み取ることができます。これって…、機械マニア的にはもう感動以外の言葉がでません。ロレックス様よ、良くぞ作ってくれてありがとうの一言です。

年次カレンダー

ダイアル上の12個の小窓の1つが赤で表示され、現在の月を示す。これがサロス 年次カレンダーの際立った特徴である。 この精巧なメカニズムは、月間30日の月末に日付を調整する煩わしさから、着用者を解放する。年次カレンダーは、1年を通して正確な日付を表示する。調整は年に1度、3月1日(2月は28か29日までしかないため)のみ。日付はローカルタイムと連動し、旅行者の現在地のタイムゾーンに合わせて自動的に変わる。

ロレックス正規店HPより

カレンダーの表示方法も他の時計と断然異なります。これも凄く特長的であり、このようなカレンダーならダサくありません。それと、知らない人がみると、どれがカレンダーなの?とさえ目を疑ってしまいます。ここにロレックスの素晴らしさを感じます。文字盤に月日が表示されている時計もあります例えば「3月1日」としましょう。一般的であれば「3月」「1日」または「3」「1」でしょう。しかり、ロレックスは追加で文字盤に数字を表示させるようなごじゃごじゃ感はありません。時刻表示の数字を何月として表してくれるように印(赤棒)がどこかの数字横に表示されるようになります。これもギミック感というか機械仕掛けの時計として非常に洗練されているとしか言いようがありません。

リングコマンドベゼル

回転式リングコマンドベゼルはムーブメントと相互作用するため、世界を旅する人は容易に機能設定ができる。リングコマンドベゼルを回転させ、3つの機能の いずれかに合わせることで日付、ローカルタイム、ホームタイムの変更が可能となる。選択した機能は、リューズを早送り・逆戻しすることで素早く設定できる。この直感的な接続機構は、60もの部品から成る複雑な機構で構成され、最先端の時計製造技術と高度なマイクロメカニクスにより実現した。このような革新は、自社で腕時計の主要部品を設計し、製造するロレックスの優れた技術力の証にほかならない。

ロレックス正規店HPより

18Kゴールドのフルーテッドベゼルを工夫しています。同じフルーテッドベゼルを備えているデイトジャストなどでは固定式のベゼルに対して、スカイドゥエラーのフルーテッドベゼルは回転します。 回転させることで機械仕掛けのパターンに変化を持たし 日付、ローカルタイム、ホームタイム などを任意に変更することを可能にしました。操作専用に別のボタンなどを用意するのではなくて、本来あるべきパーツを利用しそれを活用するところもロレックスの思想と言うか何と言うか言葉がでません。ベゼルを回転することは、ダイバーモデルであれば納得する機能ですが、これをスタイリッシュに機能として備えてくるところが本当に泣かせてくれますよ。

美の文字盤

数々の機能を備えているにも関わらず、機能美をここまで追求できるのはロレックスだからこそ成し遂げることができたと私は思います。サイズ感もそんなに大きく感じることなく、ビジネスの場でも非常に重宝すること間違いなしのモデルと思います。機械式時計の集大成的な機能が多くあり決して初心者向けではありませんが、

ですが、、ですが、、、

是非、ロレックスに興味を持たれ、モデル選びをする中では、このスカイドゥエラーを候補として挙げてもらいたいほどの逸材であることは間違いありません。私もいつかは買えることを夢見てスカイドゥエラーのことをこれからもずっと想い続けることでしょう。

Oyster Perpetual Sky-Dweller

関連記事

  1. 大本命 デイトジャスト

  2. 空への伝統 エアキング

  3. 運命の人 レディ デイトジャスト

  4. 海の王者 サブマリーナ

  5. 漆黒のオンリーワン エクスプローラー(Ⅰ)

  6. 深海への挑戦 シードゥエラー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP