ROLEXキャビネット

【サブマリーナ16610LV】ファット4&ビッグスイス

先日、並行店へ行ったときのこと、ショーケースには「グリーンサブ」こと、緑色のベゼルが特徴的なサブマリーナがありましたが、このサブマリーナの値札のところに、【レアモデル】と記載されていました。

私にはどこがレアなのか全くわからなかったのですが、店員よりアレコレとレクチャーをいただくことができました。

サブマリーナには年代により様々な希少とよばれる個体が存在するようですが、その中でも複数のレアポイントを備わった個体がこちらになります。

ご紹介するのは、 16610LV 初期に製造された一部年代にのみ見られるグリーンサブのレア仕様、「ファット4とビッグスイス」です。

16610 LV ファット4とビッグスイス

≪主な仕様:サブマリーナ 16610LV≫

ケース・ブレス素材: ステンレススチール(オイスターブレス)
ベゼル: 逆回転防止ベゼル】
風防: サファイアクリスタル
ケース径: 40mm
ケース厚: 13mm
重量: 約135g
防水: 300m
ムーブメント: 自動巻き クロノメーター
キャリバー: Cal.3135
振動数: 28,800振動
パワーリザーブ: 48時間
製造期間: 2003年~2010年

・ファット4(FAT4)とは?

ファット4の特徴はベゼル数字の文字形状が通常とは異なるようです。

ノーマルの40の4の囲われているところが「△三角」なのに対して、ファット4の個体では「□台形」になります。 △の先端尖ってるところが水平になっているので、フラット4とも言われるようです。

・ビッグスイス(BIG SWISS)とは?

ビッグスイスとは、6時位置にある「SWISS MADE 」の表記が通常に比べて大きめであることを示しています。 そして、 SWISS とMADE との間隔が大き目になっています。

それではノーマルとの比較と ファット4とビッグスイス の特徴を写真でみましょう。

ノーマルの個体
青丸印:ファット4、オレンジ丸印:ビッグスイス

・ベゼルの色も違いがあるような噂?

旧個体のためベゼルが経年劣化で変色してしまったのか、新品時より色が違っていたのかは微妙なようですが、確かに色の違いがみられます。

□ノーマルでは、濃いグリーン
ファット4・ビッグスイス では、薄いグリーン(ライムグリーン?)

上の写真を見比べてもベゼルの色は違いますよね。

・16610LVは年代により組合せが違います

ファット4とビッグスイスは 初期ものは、「Mark1 (Y・F年式) 」個体と言われます。以降では ビッグスイス(ファット4は無い)だけの Mark2 、ファット4(ビッグスイスは無い)だけの 「Mark3(F年式)」、 ファット4とビッグスイスが無いノーマルの 「 Mark4(D年式)」と、年代別でもファット4とビッグスイスにも組合せが様々でした。

グリーンサブは本当にカッコイイし資産価値もロレックスの中でも優秀であるモデルと言えますね。なかなか街でも見かけないし、持っている人が本当に羨ましいなぁ~と思いました(笑)

関連記事

  1. 機械式時計の知識

  2. パーツの素材からロレックス製なの?自社製造なの?

  3. ロレックスの日常メンテナンス

  4. ロレックス語録、略語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP