ROLEXの魅力

大本命 デイトジャスト

初めてロレックス正規店に訪れた時、100万円以内で買える商品の陳列品を見たところ、デイトジャストとオイスターパーペチュアルの2モデルでした。(プロモデルは1つも無しですね、デイデイトは予算オーバーです)

時刻に日付け機能を備える時計だろうと、見た目で誰でも分かります。スポーツモデルと比べてもバリエーションが多様するモデルのようです。 デイトジャストは、膨大なデザインのバリエーションがあることが特徴です。そのため、ロレックスの中でも「個性の出せるモデル」として愛されています。 そんなモデルが正規店では比較的に買いやすいモデルで、高級時計としてのゴージャス感や所有感を満たしてくることは間違いありません。

デイトジャスト名の由来ですが、日付け変更時間帯に日付け表示(日数)が目に見えないほどの速さで「カシャ!」と日付けが変更されます。これには正直カッコイイ!と思いました。ロレックスでは売りやすい万人向けの定番モデルのようですが、デイトジャストの魅力にハマっていきます。

プロモデルを求め、毎週のように何度も正規店へ訪れているうちに、今日はこのタイプ(デザインやブレス等違い)のデイトジャストがあるんだ。あ!前に合ったデイジャストがもう無い!と毎々何かしらの品揃えはあるものの、デイトジャストもシッカリと人気があり売れる商品なんだと知る事になりました。

以前は男女でモデルが分かれていたようですが、現在はサイズ展開によりモデルが分かれているようです。男性が比較的似合うサイズは、定番サイズの36mmと41mmのようです。最近ではプロモデルのような大きさがある41mmが売れ筋のようです。

41mmはデイトジャスト41(DJ41)と言います。36mmに比べサイズ感がありプロモデルのように強調性はありませんが、普段使いではビジネスやカジュアルのどちらでも扱いやすく、シーンを選ばない万能モデルと思います。

客観的な見た目の話ですが、女性の方に言わせるとある程度の歳を重ねた男性は、絶対にデイトジャストのほうが女性受けすると言っておられます。男性目線だとプロモデルのほうが見た目カッコイイと思ってしまいがちですが、女性目線では全く違うようです。

ロレックスの人気は品質始め時計の歴史においても誰もが認める技術の賜物です。ロレックスを思う存分楽しめるデイトジャスト。ロレックスは万人向けモデル、スタンダードだからこそ、そこには一切の妥協なく作り込まれており、惜しみなくロレックスを楽しんでもらおうという風にさえ感じます。これは実物を手に取るとそれはすぐにわかります。

デイトジャストのここが凄い!

  1. 毎日装着しても、重くないので疲れない。
  2. 時計機能としては文字盤もシンプルで見やすく、日付け表示は重宝する。
  3. 定番モデルであるがデザインが多様であり以外と他の人とはかぶらない。
  4. スムースベゼルの落ち着いた感じからフルーテッドベゼルのように少し目立つ物やブレスもオイスターとジュビリ等、好みにより選択することができる=自分好みのものを選ぶ楽しみがある。
  5. 定番モデルなのに防水性能はプロモデル並みの100mm防水機能を搭載
  6. 最新機種ではオーバーホールの推奨年数はなんと5年から10年へ変更している。長く使っても財布にも優しい。
  7. 大きくデザインの変更がないのでいつまでたっても古臭さを感じない。ロレックス全体に言えることですが、デザインは完成されています。
  8. 現行機のブレスレットは微調整機能があり、脱着もワンタッチ式のため毎日使う人にとっては嬉しい機能を搭載している。プロモデルでは2段階ロックだったりして意外と面倒。
  9. ビジネス・カジュアルのシーンを問わないどんな場面でも使いやすい自由度が特徴的です。

他にも数えきれないほどの魅力もありますが、ロレックスを素直に楽しみたい人やロレックス初心者は是非ご検討を。ロレックス最新技術を比較的手軽に感じることができるモデルとしてはこれ以上これ以下のモデルは存在しないと思います。

関連記事

  1. 海の王者 サブマリーナ

  2. 運命の人 レディ デイトジャスト

  3. 空への伝統 エアキング

  4. 漆黒のオンリーワン エクスプローラー(Ⅰ)

  5. 成功者を魅了する デイデイト

  6. 深海への挑戦 シードゥエラー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP